『男らしさという病』 男性性の時代から女性性の時代へ – 心と体のヒーリングスペース ♪ スフィア セラピストプログ – 鎌倉のカウンセリングとヒプノセラピー 心の悩み 親子関係 人間関係 恋愛と夫婦関係(浮気と不倫 セックスレス)引寄せの法則 ノンデュアリティー

TED Womenで、トニー・ポーター氏は男性に向かってこう提言しています。
「男らしく」振舞うのはやめなさい。 

自身の体験をもとに、成人男性や少年の多くの心に焼き付いているような「男らしい」振舞いをしようとすると、女性や他人に敬意を払わず、虐待したり、ののしったりしてしまうと言います。
解決策は「男らしさ」という概念にとらわれないようにすることです。

私はかって9歳の息子にこう聞いたことがあります。
『男らしさにこだわらずに生きて良いとしたら?』
息子は『自由になれる。』と言いました。

わずか9歳の男の子がです!!


トニー・ポーター氏は、ニューヨークのハーレム出身ということもありますが、アメリカという国自体が、フロンティアスピリット以来の『男は強くあるべき! 泣くな!』という精神性が強い国です。

でも、これは私達の日本にも色濃く残っていて、皆さんの親達、親の親達の育った時代は同じような躾けで育った人達が多かったものです。

そして、今、セラピーをしていると、『頑張らなきゃ!』 『弱音を吐いちゃいけない。』 『どう考えれば? 何が欠けているのか?』といった“必死の努力”から抜け出せない状態に苦しんでいる人達が沢山いることに直面します。

あまりにも『頑張らなくちゃ』『どうすれば?』という考えが必死過ぎるので、『いつからそう考えるようになったのかな?』と質問すると、本人も『そういえばいつからだろう・・・?』 『なんでこんなに余裕が無くなったんだろう・・・?』と考えて始めてゆくと・・・ 

その考え方は、自分の考えでは無く、子供の頃見ていた親の生き方であったり、親の口から何度も何度も発せられてきた考え方である事に気付いて行きます。


人によっては、『あぁ! この言葉。この考え方。 私じゃない! お母さんの口癖だ!』 と気付く方。

『え?そう言えば・・・  お婆ちゃんが色んな事を話してくれて、・・・ でも、いつも優しかったお婆ちゃんが、たまに凄く怖い顔をしてそう言ってたけ。?  ??
あれは・・・ 私の考えじゃ無い。。。?  私じゃ無かった?』と思い出していったりする。


人は、【気付く】と変わる。 

この場合は、自分の考え方じゃ無い、誰かの考え方を、自分の考え方・感じ取り方のベースの取り込んでしまって、その矛盾に気がつかない。 そして、実は、それが自分の人生を縛ってゆくケース。


『こんなに頑張って、頑張って、でも、何処まで頑張っても何も無くって、何をやっても達成感が無くって、これって、あの時の私が、お婆ちゃんの事を好きだったから。 でも、好きだった優しいお婆ちゃんが急に厳しくなって、、、 それで、自分に染み付いていたのか・・・?』 と気付き、分離し、自分取り戻してゆく。
そうやって自分に優しく生き始めてゆく方もいらっしゃった。


夫婦関係の悩みでも、この『男だから』『女だから』といった当人達にとって当り前だと思い込んでいる観念が、夫婦の間の様々な問題の原因になっている事が多いものです。


トニー・ポーター氏が本当に訴えているのは何でしょうか?

女の子達に対する男側の謝罪? 

それもあるでしょうが、本当に苦しいのは、『男は強くあるべし!』『女は女らしくあるべき!』といった観念に縛られている者達自身の苦しみです。

こういった観念は、人格を歪め、自分の心に蓋をして、優しさや思いやりの気持ちを裏切り、自分の心を葬ってゆく生き方へと追い込んでゆきます。

今、日本の男性は弱くなったと言われます。

「頼れなくなった。」「草食系男子が増えたどころか植物系男子だ。」とさえ言われます。

でも、昔の男達だって、本当はそれほど強い訳でもなかった。

“強い自分” から降りられなかっただけなのではないでしょうか?

ニューエイジ的な事を言う人たちは、『水瓶座の時代』『男性性から女性性の時代へ』と言います。

そう。 確かに社会全体は【力・強さ・権力】が支配してきた時代が崩れ、【優しさや受容性・創造性・繋がり合い】の女性性の時代へと変わってきつつあります。

その大きな流れの中、これからのあなたの人生は、どう考えてゆけば良いのか?

何よりも、親や社会からインストールされた『男とはこうあるべき。 女とはこうあるべき。』といった他者からの観念(社会の洗脳)を捨て、自由な自分を生きる事でしょう。


そして、男は、自分の心の中にある「男とは」という観念のためでは無く、あなたが愛する人、大切に想う人が喜んでくれる自分、あなたを大切に想ってくれる女性に愛されてゆく事で幸せや充実を感じてゆくようになってゆく事が大切なのではないでしょうか?

そして、女性達は、今までよりも“自分が生きたい様に”生きてゆくあり方。 
自分の好きな仕事、好きな生き方、など、【幸せな自己実現】の方向へと向かってゆき、

男はそんな幸せそうな女性を支え、見守る事に幸せや充実を感じてゆく方が、遥かに互いを活かし合ってゆく。 それがバランスの良い社会のパートナーシップになってゆくのではないかと思います。





0467(43)0038
    → お問い合わせ&予約ページ ←


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください