『考える生き方』 と 『感じる生き方』 – 心と体のヒーリングスペース ♪ スフィア セラピストプログ – 鎌倉のカウンセリングとヒプノセラピー 心の悩み 親子関係 人間関係 恋愛と夫婦関係(浮気と不倫 セックスレス)引寄せの法則 ノンデュアリティー

ある人生の先輩の言った言葉に、『人には 【考える生き方】 と 【感じる生き方】 とがある。』というのがある。

【考える生き方】は、どこまでも考えて、考えて・・・
でも幸せや、喜びが少なくて、いつまでも不安だらけの迷いだらけで、
『自分が本当はどうしたいのか?』 『本当に欲しいものが何なのか?』
いくら考えても分からなくなってゆく。

考えれば、考えるほどに、分からなくなってゆく。


対する【感じる生き方】は、遥かにシンプルで、当たり前の事を、ただ感じる。

綺麗は『きれい!』って感じて、嬉しい事は、ただ『嬉しい!』って感じて、
好きじゃないものには、ただ『興味が無い。』『それ要らない。』

胸のハートが感じる『成りたい自分』を、“感じて”→行動し、欲しいものを、ただ感じて、感じた事に引力を発して、無意識の内に引き寄せてゆく。

行動してから、感じて、その結果から知る。
だから迷いが無くて、上手に試行錯誤して、生き方が上手くなってゆく。


自分にとって何が大切なのか? 

本当はどうなりたいのか? 

どうしたいのか? 

そうゆう事は、いくら考えても、どんなに考えても、脳の思考は分からない。

何故って、【頭の思考】は、“過去の事”しか知らないし、いくら考えても、それは【考え】でしか無いのですもの。”


人間は、本来は頭で知らなくっても、胸の奥、ハートが知っている。
自分の中心。胸の真ん中や、女性だったら子宮がハッキリ分かっている。
男性は、胸の奥が、身体感覚が、細胞が知っている。

わざわざ脳が意識化しなくても知っている。 分かっている。

:::::::::::::::::::::::::

本来の当たり前の自分、自然な身体感覚からはぐれてしまった人ほど、
一生懸命考えて、考えて、その考えに翻弄されて、頭がパンパンになってゆき、
それで不安になるから、更にもっと考えなくちゃいけない様な気がしてくる。

でも、いくら考えても『安心』や『自分との信頼』など得られない。

そうやって、ひっきりなしに発生してくる「思考の騒音」に翻弄されていると、その思考に意識も心も奪い取られてゆき、自分が生きているという実感さえ失ってゆく。

そして、この【思考】のことを『私だ』と勘違いしてゆく。

自分の本当の気持ち・ハートとも別れ、感情は不安や怒りしか感じなくなってゆき、孤独感と焦燥感に中を生きるようになってゆく。
そして、人生が生き残るための防衛戦になってゆき、そんな生き方をしてゆくと、何のために生きているのかわからなくなってゆく。

『考える主体の生き方』ってそうゆうもの。


「人間のあり方は、思考によって失われてきた・・・」
その通り。でも、そんな【観念・思考の牢獄】からの出口は、
すぐ目の前の庭先や道端に有ったりする。

樹を、花を、自然を、“その名前・名称”を外して、
まるで自分が赤ちゃんに戻ったかのような感覚で、視てみる。
ただ視る・・・。
思考という余計なものを外して、
“それ”を、ただ“それ”として五感で感じてみる。
すると、その花と自分が一体に感じる時がやってくる。
その自分を取り戻してゆくと・・・
すべてがイキイキと活気に満ち、振動してキラキラ輝いていた事に気がつく。



ジュリア・ロバーツ 『食べて、祈って、恋をして!』
難しい話や、無視してはいけない問題もあるけれど、
でも、人生の最も大切な事を忘れてはいけない。
一番大切な事。 それを生きてる『今ここにいる私』(あなた自身)が
「いったい何のために生きてるの?」と感じるのなら、
その答えを知る手掛かりは、『何か違う!こんなの変!』と感じる感覚。 心の声にあるものです。

『頭で考えず、心でものを見て感じなさい。そうすれば、やがて本当の自分、感じる自分が見つかってゆく。』


0467(43)0038

携帯090 7243 7186

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください