I様 50代 男性 既婚

(この回は、セラピストである私側の記憶からの書き起こしです。)


Iさんは50代も半ば、「セラピーを受けようと思ったのは何故ですか?」 と聞くと「けど何となく・・・HPを見て何か気になって・・・ 何となく。。」と言う事でした。

そのため、セラピーの詳しい説明をして、
「どう思います?」と聞くと、
「内容は解ったけど、何が自分に向いているのか分からない・・・」


ボディーワークの説明をすると「ああ、それは良さそうですね~」と仰るので『ではそういたしましょう。』と横になっていただきました。

背中 ・手 ・足、とゆっくりほぐしてゆくと、初めは何の反応も無かったIさんの呼吸が、深くゆったりした呼吸になってゆき、徐々に「はぁ~~」という溜息の様な吐息に変わってゆきました。


・・・とりあえず彼の中で良い感じの事が起こってるんだな~ と、その“良い感じ”を信じて、一つ一つの筋肉をほぐしながら、ただゆっくり休息させる様にしてゆきました。


うつ伏せで肩や背中を1時間・・・「はぁ~~」が、「はぁぁぁ~・・・」になって、

やがて眠る様な、静かな呼吸へと落ち着いてゆき、仰向けになって首と頭をほぐしてゆくと、顎や喉の筋肉も徐々に緩んでゆき、狭い気管を息が通る吐息から、抵抗無く通ってゆく楽な呼吸へと変わってゆきました・・・。


・・・特にこれといった問題が有るわけじゃ無い・・・?

・・・「何が悪いのか?」って考えてどこかを掘り起こしたら何かはあるだろう・・・

・・・それが私たち人間って生き物・・・

・・・そんな事より、今はこの心地よさの方がずっと大切なんだね・・・・

そんなことを思いながら、Iさんの顎や首筋を緩め、眉間・・額・・・ 

最後に頭蓋骨を静かに緩めてゆくと、全身の力が抜けて静かな眠りに落ちてゆきました・・・・


5分・・・ 15分・・・ ? 何分経ったのか、Iさんの意識がゆっくり戻ってきて、力の抜けた顔でゆっくり静かに話始めました。

Iさん「寝てました?」

私「ええ・・・ 多分・・・」

「・・・ 何か・・・ 今のこの感じ・・・ いいな~~ 」

「何だか懐かしい様な・・・」

「懐かしい・・・?」

「・・・懐かしい・・・ そう・・・懐かしい・・・」

「そう! この感じ! もうず~っと前・・・ 子供の頃の・・・」

「幾つぐらい?」

「3年・・・ 4年生・・・ ? 小学校・・・4年生ごろ・・・だったか・・・」

「そう・・・ あの頃・・・ ! あぁ、あそこだ・・・!」

Iさんはもう一度目を閉じ、しばらく何かを “観て” いました。


時間が来たので起きてもらい、ソファーに座っても、

しばらくは内面の何かを見ている様子でしたが、

それから、ふと話し始めました。

「子供の頃ね、川の近くに住んでいて、いつもその土手で遊んでたんです。

まだ水が綺麗だったから泳いだり、友達と色んなことをして遊んで・・・  

あれは・・・秋だったのかな~?

土手の斜面が一面枯れ草に覆われていて、

友達とそこを滑って遊んで・・・ 遊び疲れたんだったか?

土手の斜面の枯れ草に寝っころがって・・・ 

・・・さっき・・・その時の感じを思い出していた・・・ 

いや・・・体が思い出してきたって感じで・・・ 

感覚が先に有って、そのときの状況って言うか、体の感じをすごくリアルに思い出して・・・

ガキの頃はただ夢中で遊んでいただけなんだけど、こうして思い出してみると・・・ 

何ていうか・・・ そう・・・

自由・・・ 自由だったな~ 何にも考えないで夢中で・・・

なつかしいって言うか・・・ 

もう一回 同じことしたいな~

・・・・・・・・・・・・


『今、子供も大きくなって、女房も良くやってくれているけど、
50才を越えてから最近何かが足りないって感じていたんです。 

でも仕事じゃないし、家庭でもない。

それが何なんだか良く分からないし、ハッキリと感じた訳じゃないんだけど・・・

言いようの無い、焦りの様な・・・ 不安の様な・・・

でも別に怖いっていう感じじゃなくって、 先の見えない様な・・・

多分、「何のために生きてる?」っていう事だと思うんですけど、

ただ漠然と “乾いていく様な” 感じだったんです。

でも、今は、何となく解る・・・

仕事のために、女房のために、子供のためにって頑張って来たけど・・・ 

あの感覚、ただ遊んでる。

あの自由な感覚を忘れてた・・・

 ::::::::::::

ずっと目的を探していたし、何とかして納得して生きる理由を探してた・・・

でも、○○○のため!って目的意識ばっかりで、あんな充実感みたいなのを忘れてた・・・!

だからカラカラに乾燥していたんだ!

・・・うん! そうゆう事だったんだ!

でも、僕はすっごく自由だったんだ~

今はそう思える。』


・・・Iさんは私から見ても “優しくていい御主人、そして良き父親” と感じさせる方。

 でもいつの間にか自分自身の充実感? 満足? 
そんなものを忘れて来てしまったのでしょうか・・・

でもそのままだと自分を無くしてしまう。 
それだけだと、何かが嘘になっちゃう。

だから潜在意識は、必要な時に、必要な事に気付く様に出来ている・・・

これも自己治癒力の一種なんでしょうかネ?

心の治癒力・・・ 魂の知恵・・・?


☆★ 良く「セラピー何て嫌なんだけども。」とか
「何で来たくなったのか? 何となく・・・」と、ハッキリした理由も無く、
でも“何故か、どうしても!”と言って来る方がいらっしゃいます。

でもそういった方の多くは、こんな気付き方をしたり、思いがけない大切な何かを見付けてゆくものです。

気付く?思い出す?

知っていた。だからこそ本人が忘れていた、でも今だからこそ大切な事に気付く・・・ 

そんな事ってとても多いものです。 


親の影響を根底から癒してゆく ヒプノセラピー


疑問・質問 ホットライン
カウンセリングやセラピーは、

  • 『ちゃんと聴いてくれるのかな?』
  • 『こんなこと話して変に思われないかな?』
  • 『本当に親身に考えてくれるのかな?』
    など、不安に思われる方も多いものです。
    そんな疑問や質問に、電話でお答えしています。
    ご希望の方は「今空いてますか?」 「少し話したいのですが。」
    など、お気軽にお電話ください。
    ◉電話カウンセリングの方は初めの30分間・来談個人セッションの方は60分間、電話相談は無料です。
    (AM10:00~PM22:00)

0467(43)0038

携帯090 7243 7186

↓スマートフォンの方はこちらから。↓

TEL:0467430038
 or 
携帯:09072437186


直接入力メールアドレス ↓クリック

sphere-2015-info@sphere-project.com

↓お問い合わせMailフォーム↓