冷えというもの

「冷えは万病の元」などと言いますが、体の冷えとは、漢方医学で言う【六邪】の内、冷邪・湿邪などが過剰に溜まって『気と血』の流れが滞った状態を言います。

そして、冷えが蓄積してゆくと、心を不安にさせ、否定的な考え方にしたり、自信を無くさせたりと、心身両面にネガティブな影響を与え、【不幸・不運を引き寄せるもの】でもあります。

 

冷え症の本当の原因

以前は 冷え症 と言えば=女性と思われがちでしたが、近年は 男性の冷え症 や、若年層の隠れ冷え症も増えています。

冷え症の原因は、確かに食生活や生活習慣もあります。
でも、それら生活習慣を改善しても治らない冷え症の多くが、今まで我慢してきた怖れや不安、孤独感や不安など、頑張ってきたからこそ溜まってしまった、過去の感情や、活躍させていない気持ちの固まりです。

 

冷えは、過去のの不安や緊張が、身体に溜まって澱んでいる状態

 

体に溜めた様々なストレス

私達は日々様々な事を感じながら生活しています。
喜・怒・哀・楽・・・ その中で、喜と楽(楽しい・笑い・面白い)などはその瞬間に発散・解放しやすいものですが、怒り・イライラ・不満・悲しみ・不安・怖れ、などネガティブ側の気持ちは発散しにくいため、心(身体)に押し込んで、溜め込んでしまうものです。

更に脳科学の分野では当然のことですが、『嫌な事は思い出さない様にしよう。』『過去は忘れよう。』というのは、無駄どころか、余計に『嫌な事にこだわってゆく』 = 【引き寄せる】思い方でしか無いのです。

 

〖感情〗は、電気のような【エネルギー】

では 忘れる事の出来ない気持ち・感情 は、どうなってゆくのでしょう?
不安や怖れ、悲しみや怒りは、身体の筋肉を緊張・萎縮させます。

それらやり場の無い感情は、発散・解放出来ないと、行き場を失って、仕方が無いので、その気持ちにふさわしい部位(胸・腹・背中・肩)などに【筋肉の緊張】という形で刻み込まれてゆきます。

これが繰り返されてゆくと、筋肉は慢性的な緊張状態になり、ちょっとやそっとでは緩まなくなり、更に姿勢・体形を歪めたり、ネガティブで否定的・悲観的な性格を作ってゆきます。

健康な身体は、感情・感覚がスムーズの流れます。身体の冷えは、健康な心・感情の流れを阻害してゆきます。

 

身体に、冷えを溜め込んでると・・・

身体に冷えを溜め込んでいると、不安な事や、出来無い理由ばかり気になったり、後悔や自分の欠点ばかり気にしたり・・・
ふと、不安な気持ちが浮かんで来て、更にそんな気持ちはネガティブな過去や未来への不安で一杯にしてしまい、

↓  ↓

『ああなったらどうしよう・・・』 『こうなったらイヤだな~』
・・・と、ネガティブ思考のスパイラルに巻き込み、

↓  ↓

考え方を否定的にしてゆき、『不安・怖れ感情のリサイクル』という悪循環に陥らせてしまいます。
(慢性の冷え性の方は、そんな状態に慣れて「適応してしまっている」ということです。)

 

ボディーワークは、そんな邪気を排出して、短期間にスッキリと軽い心と体へと浄化してゆく、非常に効果的なワークです。

個人差はありますが、冷えや緊張癖による心配性やネガティブ思考、慢性の肩こりや頭痛によるネガティブな引き寄せ(冷えは不幸を引き寄せます。)など、ボディーワークとフェイシャルの組み合わせ2~4回。根深い冷えの方でも10回ほどで、大きな変化を期待できます。

ヒプノセラピー・ボディーワークのセラピールーム

 

0467(43)0038
セラピストの稲本です。20年のカウンセリング経験から、あなたの大きなお力になれるよう、応対いたします。カウンセリングルーム 地図 鎌倉市大船1783-3-102 JR大船駅よりバス5分

0467(43)0038

携帯090 7243 7186

↓スマートフォンの方はこちらから。↓

TEL:0467430038
or
携帯:09072437186